高菜漬製造卸の野口食品。三池高菜を使い手作業で漬け込みます。からし高菜漬け、高菜の油炒め等、高菜漬一筋の老舗です。ひじき高菜漬け販売中!
TEL/0944-52-2132

 

【 三池高菜について 】

福岡県の筑後地方南部で栽培されている品種です。

 

福岡県大牟田市の三池山で栽培されていたことからこの名前がつきました。

紫色の入った大きな葉と厚い葉脈が特徴で、その高さは1メートルにも達することもあります。

柳川藩主であった立花氏が明治時代になって柳川市三橋町に創設した「旧立花家農事試験場」で改良された品種で、中国の四川青菜と在来種の紫高菜を掛け合わせたものです。

大牟田市が発祥といわれる高菜の油炒めは三池炭鉱の労働者たちに愛され、現在でも地元で愛されています。

 

 

【 昔ながらの伝統的な製法 】

野口食品の高菜は、すべて三池高菜を使用しています。

 

漬け込む三池高菜は、ともに品質向上をめざす契約農家が栽培しています。

収穫直後の三池高菜を、鮮度を保ったままの状態で、伝統の製法と熟練の技で漬け込みます。

大きな木樽の中で寝かせた三池高菜は、三池地方の高菜にあった中でじっくりと発酵していきます。

 

野口食品の高菜の漬け込みは、すべて手作業です。

 

三池高菜の品質(生育状態)を手に取って選別しながら木樽に並べていきます。

乳酸発酵が木樽のなかで均一に行われるよう、塩加減やウコンの量などを職人が調整して漬け込みます。